付録C XML 設定ファイル

PHPUnit

<phpunit> 要素の属性を使って PHPUnit のコア機能を設定します。

<phpunit
         xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
         xsi:noNamespaceSchemaLocation="http://schema.phpunit.de/4.2/phpunit.xsd"
         backupGlobals="true"
         backupStaticAttributes="false"
         <!--bootstrap="/path/to/bootstrap.php"-->
         cacheTokens="false"
         colors="false"
         convertErrorsToExceptions="true"
         convertNoticesToExceptions="true"
         convertWarningsToExceptions="true"
         forceCoversAnnotation="false"
         mapTestClassNameToCoveredClassName="false"
         printerClass="PHPUnit_TextUI_ResultPrinter"
         <!--printerFile="/path/to/ResultPrinter.php"-->
         processIsolation="false"
         stopOnError="false"
         stopOnFailure="false"
         stopOnIncomplete="false"
         stopOnSkipped="false"
         testSuiteLoaderClass="PHPUnit_Runner_StandardTestSuiteLoader"
         <!--testSuiteLoaderFile="/path/to/StandardTestSuiteLoader.php"-->
         timeoutForSmallTests="1"
         timeoutForMediumTests="10"
         timeoutForLargeTests="60"
         strict="false"
         verbose="false">
  <!-- ... -->
</phpunit>

上の XML 設定ファイルは、TextUI テストランナーをデフォルトの設定で起動します。 その詳細は 「Command-Line switches」 で説明します。

その他、コマンドラインからは設定できないオプションもあります。

convertErrorsToExceptions

false にすると、 すべての PHP のエラーを例外に変換するエラーハンドラをインストールしません。

convertNoticesToExceptions

false にすると、 convertErrorsToExceptions でインストールしたエラーハンドラが E_NOTICEE_USER_NOTICE そして E_STRICT を例外に変換しなくなります。

convertWarningsToExceptions

false にすると、 convertErrorsToExceptions でインストールしたエラーハンドラが E_WARNINGE_USER_WARNING を例外に変換しなくなります。

forceCoversAnnotation

コードカバレッジの記録を、 @covers アノテーションを使っている関数だけに限定します。 このアノテーションについては 「@covers」 で説明します。

timeoutForLargeTests

PHP_Invoker パッケージがインストールされていて strict モードが有効な場合に、 @large とマークされたすべてのテストのタイムアウトをこの属性で設定します。 ここで指定した時間内にテストが完了しなかった場合、テストは失敗します。

timeoutForMediumTests

PHP_Invoker パッケージがインストールされていて strict モードが有効な場合に、 @medium とマークされたすべてのテストのタイムアウトをこの属性で設定します。 ここで指定した時間内にテストが完了しなかった場合、テストは失敗します。

timeoutForSmallTests

PHP_Invoker パッケージがインストールされていて strict モードが有効な場合に、 @medium あるいは @large のいずれのマークもついていないすべてのテストのタイムアウトをこの属性で設定します。 ここで指定した時間内にテストが完了しなかった場合、テストは失敗します。

テストスイート

<testsuites> 要素とその子要素である <testsuite> を使って、 テストスイート群やテストケース群の中からテストスイートを構成します。

<testsuites>
  <testsuite name="My Test Suite">
    <directory>/path/to/*Test.php files</directory>
    <file>/path/to/MyTest.php</file>
    <exclude>/path/to/exclude</exclude>
  </testsuite>
</testsuites>

phpVersion および phpVersionOperator 属性を使うと、必要な PHP のバージョンを指定できます。次の例は、PHP のバージョンが 5.3.0 以降である場合にのみ /path/to/*Test.php/path/to/MyTest.php を追加します。

  <testsuites>
    <testsuite name="My Test Suite">
      <directory suffix="Test.php" phpVersion="5.3.0" phpVersionOperator=">=">/path/to/files</directory>
      <file phpVersion="5.3.0" phpVersionOperator=">=">/path/to/MyTest.php</file>
    </testsuite>
  </testsuites>

phpVersionOperator 属性はオプションで、デフォルトは >= です。

グループ

<groups> 要素とその子要素である <include><exclude> および <group> を使って、 @group アノテーション (「@group」 を参照ください) でマークされたテストグループから実行する (しない) ものを選びます。

<groups>
  <include>
    <group>name</group>
  </include>
  <exclude>
    <group>name</group>
  </exclude>
</groups>

上の XML 設定ファイルは、 TextUI テストランナーを以下の引数で起動します。

  • --group name

  • --exclude-group name

コードカバレッジ対象のファイルの追加や除外

<filter> 要素とその子要素を使って、 コードカバレッジレポートのブラックリストとホワイトリストを設定します。

<filter>
  <blacklist>
    <directory suffix=".php">/path/to/files</directory>
    <file>/path/to/file</file>
    <exclude>
      <directory suffix=".php">/path/to/files</directory>
      <file>/path/to/file</file>
    </exclude>
  </blacklist>
  <whitelist processUncoveredFilesFromWhitelist="true">
    <directory suffix=".php">/path/to/files</directory>
    <file>/path/to/file</file>
    <exclude>
      <directory suffix=".php">/path/to/files</directory>
      <file>/path/to/file</file>
    </exclude>
  </whitelist>
</filter>

ログ出力

<logging> 要素とその子要素である <log> を使って、 テストの実行結果のログ出力を設定します。

<logging>
  <log type="coverage-html" target="/tmp/report" charset="UTF-8"
       highlight="false" lowUpperBound="35" highLowerBound="70"/>
  <log type="coverage-clover" target="/tmp/coverage.xml"/>
  <log type="coverage-php" target="/tmp/coverage.serialized"/>
  <log type="coverage-text" target="php://stdout" showUncoveredFiles="false"/>
  <log type="json" target="/tmp/logfile.json"/>
  <log type="tap" target="/tmp/logfile.tap"/>
  <log type="junit" target="/tmp/logfile.xml" logIncompleteSkipped="false"/>
  <log type="testdox-html" target="/tmp/testdox.html"/>
  <log type="testdox-text" target="/tmp/testdox.txt"/>
</logging>

上の XML 設定ファイルは、 TextUI テストランナーを以下の引数で起動します。

  • --coverage-html /tmp/report

  • --coverage-clover /tmp/coverage.xml

  • --coverage-php /tmp/coverage.serialized

  • --coverage-text

  • --log-json /tmp/logfile.json

  • > /tmp/logfile.txt

  • --log-tap /tmp/logfile.tap

  • --log-junit /tmp/logfile.xml

  • --testdox-html /tmp/testdox.html

  • --testdox-text /tmp/testdox.txt

charsethighlightlowUpperBoundhighLowerBoundlogIncompleteSkipped および showUncoveredFiles 属性には、TextUI テストランナーで対応するオプションがありません。

  • charset: 生成する html ページで使う文字セット。

  • highlight: true にすると、カバレッジレポート内のコードにシンタックスハイライト処理を施します。

  • lowUpperBound: カバー率がこの値に満たないときに、カバー率が "低い" とみなします。

  • highLowerBound: カバー率がこの値を超えるときに、カバー率が "高い" とみなします。

  • showUncoveredFiles: --coverage-text の出力で、カバレッジ情報だけではなくホワイトリストの全ファイル一覧も表示します。

  • showOnlySummary: Show only the summary in --coverage-text output.

テストリスナー

<listeners> 要素とその子要素である <listener> を使って、 テスト実行時にテストリスナーをアタッチします。

<listeners>
  <listener class="MyListener" file="/optional/path/to/MyListener.php">
    <arguments>
      <array>
        <element key="0">
          <string>Sebastian</string>
        </element>
      </array>
      <integer>22</integer>
      <string>April</string>
      <double>19.78</double>
      <null/>
      <object class="stdClass"/>
    </arguments>
  </listener>
</listeners>

上の XML 設定は、 $listener オブジェクト (以下を参照ください) をテストの実行時にアタッチします。

$listener = new MyListener(
  array('Sebastian'),
  22,
  'April',
  19.78,
  NULL,
  new stdClass
);

PHP INI 項目や定数、グローバル変数の設定

<php> 要素とその子要素を使って、 PHP の設定や定数、グローバル変数を設定します。また、 include_path の先頭にパスを追加することもできます。

<php>
  <includePath>.</includePath>
  <ini name="foo" value="bar"/>
  <const name="foo" value="bar"/>
  <var name="foo" value="bar"/>
  <env name="foo" value="bar"/>
  <post name="foo" value="bar"/>
  <get name="foo" value="bar"/>
  <cookie name="foo" value="bar"/>
  <server name="foo" value="bar"/>
  <files name="foo" value="bar"/>
  <request name="foo" value="bar"/>
</php>

上の XML 設定は、次の PHP コードに対応します。

ini_set('foo', 'bar');
define('foo', 'bar');
$GLOBALS['foo'] = 'bar';
$_ENV['foo'] = 'bar';
$_POST['foo'] = 'bar';
$_GET['foo'] = 'bar';
$_COOKIE['foo'] = 'bar';
$_SERVER['foo'] = 'bar';
$_FILES['foo'] = 'bar';
$_REQUEST['foo'] = 'bar';

Selenium RC の設定ブラウザ

<selenium> 要素とその子要素である <browser> を使って、 Selenium RC サーバのリストを設定します。

<selenium>
  <browser name="Firefox on Linux"
           browser="*firefox /usr/lib/firefox/firefox-bin"
           host="my.linux.box"
           port="4444"
           timeout="30000"/>
</selenium>

上の XML 設定は、次の PHP コードに対応します。

class WebTest extends PHPUnit_Extensions_SeleniumTestCase
{
    public static $browsers = array(
      array(
        'name'    => 'Firefox on Linux',
        'browser' => '*firefox /usr/lib/firefox/firefox-bin',
        'host'    => 'my.linux.box',
        'port'    => 4444,
        'timeout' => 30000
      )
    );

    // ...
}
このページの改善案をGitHubで提案してください!